EVERLIGHT Group製品/EPISTAR社製品
日系メーカー様向け窓口

お問い合わせ

まずはお気軽にお電話下さい。

EPISTAR

Epistarは世界最大手のLEDチップメーカーです。
1996年に設立し、本社は台湾の新竹科学工業地区内にあります。
設立以来UEC、Epitech、Hugaといった競合他社と合併や吸収を行い成長し続けてきたため、現在Epistarグループ内において保有しているLED結晶を成長させるMOCVD装置は数百台レベルに達しています。
そのため、LEDチップの生産数は世界に類はなく、特に高輝度4元系LEDチップの部分では常にトップシェアの位置を不動のものとなり、最近では植物育成用をターゲットとした660nm、730nmの波長帯、そして、ハイパワー赤外チップとして850nm、940nmの波長帯の製品も開発し、すでにラインナップされております。
LEDベアチップから評価をご希望されるお客様はEpistar製品ぜひ一度ご検討ください。

主要ラインナップ(Epi Wafer/ Bare Chip)

◆AlInGaP (四元素)LED

  • 超高輝度  (UHB)
  • 高輝度LED (HB)
  • 植物育成用(660nm)超高輝度

◆AlGaAs High Power LED

  • 730nm
  • 850nm
  • 940nm

◆Other

  • UV関連

可視光AlInGaP LED

可視光の赤、黄色などの4元素製品(AlInGaP LED)に於いては、Epistarは「PN/PX/AX」シリーズ製品を有し、既に世界市場でトップの位置を確立しています。主な用途はRGB Sign、バックライト、照明等ですが、最近、Epistarは植物照明への応用へ注視しています。

赤外光AlGaAs IR LED

赤外光850/940nm製品のPNシリーズは、高熱伝導基板のため、従来型の赤外光製品と比べて高い電流で駆動することにより高出力が実現できるので、スマートフォンの近接センサで幅広く使用され、また、セキュリティ監視システムなどの市場にも応用されています。

画像提供:Epistar

PAGE TOP